取扱いサービス/住宅改修取扱いサービス/住宅改修

住宅改修

住宅改修について

住宅改修 画像

在宅での生活を支える住宅改修の見積り及び施工を承ります。
介護保険の認定を受けている方は、手すりの取付け・段差の解消・便器の取替えなど6種類の工事について、 20万円を限度として、自己負担分一割で住宅改修が施工できます。

6種類の工事内容

  • 1.手すりの取り付け
  • 2.段差の解消
  • 3.すべり防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 4.引き戸等への扉の取替え
  • 5.洋式便器等への便器の取替え
  • 6.その他、1~5の住宅改修に付帯して必要となる工事
    • ・手すり取り付けのための壁の下地補強など
    • ・浴室の床段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事など
    • ・床材の変更のための下地の補強や根太の補強または通路面の材料の変更のための路面の整備
    • ・扉の取り替えに伴う壁または柱の改修工事など
    • ・便器の取り替えに伴う給排水設備工事(水洗化または簡易水洗化に係わるものは除く)。便器の取り替えに伴う床材の変更など
  • ※市町村によっては、介護保険の給付の他に、住宅改修の助成を受けることができます。

    ※市町村ごとに、申請方法や工事内容が異なります。必ず事前にご相談ください。

施工事例

浴室改修:洗い場の段差を解消し、浴槽の深さを変えた例

施工前 画像

施工後

施工後 画像

玄関:移動を安全に行うため、手すりを取り付けた例

施工前 画像

施工後

施工後 画像

浴室:浴槽の出入りを安定させるため、手すりを取り付けた例

施工前 画像

施工後

施工後 画像

前のページにもどる

ページトップへ